シャントPTA

シャント閉塞・狭窄でお困りではありませんか

血管内治療を当院では行っています

透析シャントは時に閉塞や狭窄をすることがあり、透析ができなくなったり時間が掛かるようになったりします。
これまではシャントを作り直したり、外科的に血栓を除去してきましたが、当院にて血管内治療を行なうことにより、一度作ったシャントを長期間使用することが可能になります。

また、大切なシャントを長期間使用するためには、閉塞や狭窄の早期発見と治療が有効で、シャントPTAが治療の第一の選択となります。シャントPTAは、短時間に治療ができるため、シャントの作り直しに比べ、身体面の負担が少ない手術です。

シャントPTAについて

Percutaneous Transluminal Angioplastyの略で経皮的血管形成術といいます。血流を確保するため、シャントの一部にシースという針を刺し、血管内にバルーンカテーテル(先に風船が付いている)を挿入し、閉塞、狭窄した箇所でバルーンを拡張させます。バルーンの圧力で内側から血管を広げる方法です。
手術の際は、X線透視下で位置を確認しながら行ないます。

処置の流れ

説明書・同意書

PTAのメリット

1. 簡便である

  • 治療時間は30分から1時間程度である
  • 日帰りが可能である

2. 効果的である

流量の確保ができる

3. 安全性が高い

手技時間が短く、治療直後からも透析が行えます。皮膚を切らずに治療できるために(針での穿刺程度)。身体への負担が少なくなります。
また、再狭窄した場合でも、同じ血管の利用を何度でも行えます。

PTAの問題点

  1. 一度狭窄したシャント静脈は、シャントPTAを実施しても再狭窄率が高くなっています。平均開存は4~5か月。
  2. 拡張できない症例があります。
    • 石灰化の強い病変
    • リコイル拡張してもすぐにへしゃげる)病変
  3. 血管損傷によるトラブルが生じる可能性があります。
  4. PTAで狭窄部位以外に損傷がおよぶので、狭窄範囲が広がる可能性があります。

こんなときはご連絡ください

高度狭窄の可能性があります

  • スリルや拍動の減弱
  • 脱血不良 
  • シャント音の聴取範囲の狭小化
  • 高調性雑音の聴取
  • クリアランスギャップの上昇
  • 表在からのシャント血管の陥没

血栓の可能性があります

  • 突然の血管痛や発赤
  • 穿刺後の血管痛
  • 上肢の腫張(前腕の腫脹、母指を注とした腫脹、手背全体の浮腫)
  • 脱血不良(透析回路のピローの虚脱)

穿刺部より上に有意狭窄が考えられます

  • 静脈圧上
  • シャント肢の上肢腫脹