整形外科について

患者さまのQOLに合わせた
診断・治療を行います。

当院では全身の運動器を造りあげている骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(捻挫・打撲・骨折)による損傷、加齢による障害などの治療を行っております。

診断には、レントゲン・CT・超音波診断装置(エコー)・血液検査・X線骨密度測定を用い、また、必要時は他院にてMRI検査を受けることができます。

治療法は「保存的治療」により理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・マッサージ師による「リハビリテーション」、関節注射やブロック注射などの「注射」、炎症をおさえて痛みをとるための「投薬」を行います。
また、明らかな急性期疾患の場合には主治医の判断により他院へご紹介いたします。

診察の対象とする病気やケガ、体の部位

疾患の症状は、骨・関節・筋肉・靭帯・腱・脊髄・神経の病気、外傷(捻挫・打撲・骨折)による損傷、加齢による障害、手足の先天性疾患(生まれつきの奇形)など多岐に渡り、検査・治療を行います。

治療については、下記のような保存的治療を主に行っております。

  • 病気やケガを治すだけでなく、運動機能を回復させること(リハビリテーション)
  • 神経痛、リウマチなど、痛みをとること

対象とする主な病気やけが

  • 腫瘍
  • 外傷
  • スポーツ障害
  • 骨粗鬆症・代謝性疾患
  • 退行性疾患(変形性関節症・脊椎症、骨壊死)
  • 血行障害
  • 慢性関節リウマチ など

当院で実施するリハビリテーション

下記のような症状に対して、患者さまの状態に合わせたリハビリテーションを行っております。

  • 脳梗塞、脳出血
  • パーキンソン病
  • 関節リウマチ など
  • 変形性関節症(首、股関節、膝)
  • 五十肩(肩関節周囲炎)
  • 脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症
  • 骨折、靭帯損傷、腱断裂 など
  • 上肢(鎖骨・肩・肘・手首・指 など)の骨折

受診時のアドバイス

特殊な検査や高度先進医療を行う場合は関連の医療機関にご紹介しております。ご相談ください。

検査・診断方法

レントゲン、CT

医師の紹介

医師 上野博樹

専門分野整形一般
学会認定医・専門医日本整形外科学会認定医
出身校 独協医科大学 昭和59年卒